JA栗東市の経営理念・経営方針


 消費者に「信頼」される安全・安心な農産物の提供を努めること、組合員の負託に応える経営の「改革」を実践すること、地域社会に「貢献」する協同活動を展開することを基本姿勢として取組みます。
 そこで、JA栗東市では、中期経営計画の基本方針として、先にJA全国大会で決定された『JAグループの自己改革について』を推し進めるために「創造的自己改革への挑戦」をメインテーマとして次の3つの基本目標を設定、この基本目標を達成するための戦略として、「JA地域農業戦略」、「JA地域くらし戦略」、「JA経営基盤戦略」の3つの戦略を策定する中で具体化し実践に取組みます。
≪メインテーマ≫
 創造的自己改革への挑戦
 
≪基本目標と戦略≫
1 農家組合員の所得増大と農業生産の拡大⇒『JA地域農業戦略』
 ・多様な契約方式による販売力の強化
 ・消費者志向に基づいた「売れる農産物づくり」の展開
 ・生産から販売までのトータルコストの低減
 ・多様な担い手の営農活動支援、担い手支援を中心とした地域農業の維持
 
2 総合事業による地域の活性化とくらしの支援⇒『JA地域くらし戦略』
 ・総合事業を通した地域インフラ機能の発揮
 ・助けあいを軸とした地域セーフティネット機能の発揮
 ・食と農、地域とJAを結ぶ取組みの強化
 ・地域を支える観点から、行政、集落、商工会等地域の諸団体との連携
 
3 自己改革を支えるJA経営基盤の確立⇒『JA経営基盤戦略』
 ・自己改革が実践できる態勢(役員体制・人事制度・人材育成等)づくり
 ・中長期的な経営戦略(財務体質の健全化・監査体制の充実強化等)の策定
 ・正、准組合員のアクティブ・メンバーシップ(組合事業への参画)の確立
 
JA栗東市は、これらの基本目標を具体化する中で、農家組合員の所得増大と地域活性化に向けた取組みを推し進めます。そして、農業が水田の多面的機能を十分に発揮できるよう各種政策や取組みを通じて、組合員や地域社会において期待されている役割を果たします。